アブルッツォ州の魅力 storia,cultura,paesaggi e tradizioni

リストランテ アンナマリア

マリオとトマトパスタ

マリオは1年365日トマトソースのパスタを食べます。

DSC07239

もちろん、
春ならえんどう豆、冬ならカリフラワーなど旬の野菜が入ったパスタも大好きですし、
アンナマリアの自家製Sagne e fagioliも食べますが、
基本、トマトソースであることが大重要。

ちなみに、
通常はシンブルなロングパスタ、
中でもBalillaの11番、ちょっと太めのBavettaがお気に入り。
もちろんソースは夏に仕込む自家製トマトソース。
子どもや孫達が
「カルボナーラが食べたい」「たまには魚介のパスタを食べよう」と盛り上がっても、
「オレはトマトソースのパスタしか食べないのだ!!」
と全くぶれません。
 

これだけ愛して止まないトマトマスタ。
もちろんパスタの茹で加減にも相当なこだわりがあります。
 

そう、
マリオの辞書に「アルデンテ」の文字はない。
 

マリオはとにかく柔らかくなるまで湯がいたパスタが好きで、
なぜなら
1.何よりトマトソースがよく滲み込む
2.フォークにも巻きつけやすくて食べやすい
というれっきとした理由があり、それが変わることがありません。
 

結婚生活50年余。
今でもパスタの茹で加減は毎回マリオがチェックし、
絶妙のタイミングで「今あげて!(Caccia!)」とアンナマリアに指示を出します。
出来上がったアツアツの大盛りトマトパスタに、
パルミジャーノチーズをたっぷりおろし、
フレッシュな唐辛子を刻んで無心で頬張る。
 

IMG_9985
もはや儀式。真剣に唐辛子を刻むマリオ。
 

ここに近所で買ってくる焼きたてのパン、
メインは主に豚肉ローストかサルシッチャ。
付け合せに畑で採ってきたばかりの野菜を少々、
そしてジョッキになみなみと注がれたモンテプルチャーノ・ダブルッツォ。
これさえ揃えば本当に幸せ。
この食事をずっと味わい続けたいので少なくとも100歳までは生きたいと言います。
 

私はいつもそんなマリオの一番近くの席を陣取り、
彼の食べっぷりを近くで感じながら一緒に食事をするのが大好き。
本当に、元気に長生きしトマトパスタをもりもり食べ続けてほしい。
 

トマトパスタのレシピ→