アブ日記 Diario

カテゴリー

アーカイヴス

2011年11月20日

秋のお楽しみ

動物に夢中のディエゴ。

図鑑をひっぱり出してきては暖炉の近くを陣取り、

片っ端から動物の名前を読み上げていきます。

私なんかは日本語でも自信ないぞ・・というような動物の名前まで既に覚えているから、

この時期のスポンジの様な記憶力は本当に羨ましい。

IMG_5116

さて、11月のお楽しみと言えば・・・

日本ではボジョレー・ヌーヴォーが有名ですが、

イタリアにも同じくNovello(イタリア語でヌーヴォー:新しい、出来たてのという意味)が出回るのもこの時期。

このNovello(ノヴェッロ)、イタリアでは食後に焼き栗と合わせて楽しみます。

通常の赤ワインより比較的軽くて甘口なノヴェッロは、

食事と合わせるというよりは、デザート感覚というのは頷ける。

いそいそと暖炉の火で焼いたホクホクの栗とノヴェッロ、

ワインのウンチクはさておき、季節の楽しみ。

もう一つ、この季節に出回るものと言えば、、

オリーブオイルのこれまたノヴェッロ。

オリーブ畑も多いアブルッツォ。

まだまだ個人所有のオリーブ畑も多く、この季節家族が集まってオリーブの実を収穫し、

近くの搾油場に持っていくとオイルにして瓶や缶に詰めてくれる。

そして、親戚や友人なんかと試飲が始まる。

出来たてのオリーブオイルはパンと楽しむ。

IMG_5118

出来たての青苦さが残るオリーブオイルとパン。

これだけで十分に美味しい。

誰の家のが美味しい、あーでもない、こーでもない、と言いながら食べ比べるのもまた楽しい。

収穫の秋だけの贅沢なお楽しみ。

2011年11月19日

アブルッツォ4日目(大人ナイト2011.11.19)

そろそろ今年の旅のことを考える時期なので、慌ててます。

2010年にGiannaさんの結婚式で知り合った、
Giannaさんの相方さんの素敵なペスカーラ友達の皆様。
私がアブルッツォに行くことをGiannaさんが伝えてくださると、
嬉しいことに「じゃあ一緒にご飯食べよう!」
ということになりました。

リクエストを聞いてくれたので、
“家庭料理ではない、創作系の魚料理”をオーダー。
家庭料理はアンナマリアの家で堪能するからね。

なんとこの日はGiannaさんの相方さんもペスカーラ入り!
千載一遇のチャンスでGiannaさんとアブ会@アブルッツォ!
と思いましたが、
数日前から出始めた咳のためGiannaさんには外出禁止令が、、、
なんとも残念。。。
これからいくらでも会えるチャンスはあるはず!!

という訳で待ち合わせ場所へ向かいます。

111119-1.jpg
1年開くと結構いろいろ変わっているペスカーラ。
私が愛用しているChieti-Pescara間のバスに2両編成版登場!
ちょっと都会ぽい。

待ち合わせはPescaraの中心、通称Piazza Salotto(salottoはサロンの意味)。
111119-2.jpg
電動バス?か何かのプロモーション中。

人も多く広い広場の、
111119-3.jpg
日本の建築家、伊東豊が作った
ガラスのモニュメントの前で待ち合わせ。
でも割れて囲いができてます^^;
この前で待つってちょっと居心地悪いな。。。

まずはここでグラウコと落ち合い、
少し移動して彼らがよく利用するワイン屋さんへ。
111119-5.jpg
ワインの種類が豊富でその場でも飲めるので、
お店の前はワイングラスを片手に友達と立ち話に興じる
ペスカレーゼがいっぱい。
ここで相方さんと合流。

さらに移動して、
グラウコの彼女ダニエラとそのお姉さん夫婦と合流。
6人でLOCANDA AI MARINARETTIへ。
誰も行ったことのないお店でしたが、
新鮮なお魚が食べられるらしいとリサーチしてくれた様子。
皆美食家だからかなり楽しみ♪

お勧めを尋ねると、
“とりあえず前菜をいろいろ持ってきましょう”
と言うのでお任せすることに。
いざ!
挨拶代わりの前菜一品目は、
アブルッツォでまさか食べられると思わなかった
新鮮な生のマグロとイカのマリネ。
111119-6.jpg
どちらも素材の味を生かすための
最小限の味付けだけ。イカが甘くて美味しい!
期待の高まるスタート!

更に出てきたのはフレッシュ手長エビ!
111119-7.jpg
こっれも甘くて美味しかった~!
ここから皆さん取り分ける前に
私の写真タイムを作ってくれるようになりました。

続いてスープ。
この辺りから盛り付けのオシャレ度もアップ。
111119-8.jpg
確か、下からジャガイモ、バッカラ(干鱈)、パプリカ(?)だったかな。
そうそう、こういう素人には予測のつかない料理が食べたかったんです。
感謝感謝。

続いては、
111119-9.jpg
エビ、ルッコラ、クルミ、干しイチジクのサラダ。
レモンがちょっと香ってこれも洒落てて美味しかった。
(美味しかったしかボキャがなくて悲しいよ。)

そしてここから更に温かい前菜。
嬉しすぎ。
でもだいぶ詳細を忘れてしまってる。。。
111119-11.jpg
これは確かツナとキノコ?だった、と思う!
ツナって料理法によってはパサパサして苦手な時もあるけど、
これは美味しかった!

111119-12.jpg
これはイカの中にお肉が入ってたんじゃなかったかな~^^;
(いや、こっちにキノコ系入ってたかな・・・)
拙い説明でもプリプリ美味しそうな感じは
写真から伝わってるはず^^;;;

更に更に、
こちらはムール貝のパン粉焼きね。
111119-13.jpg

さらにこういうのもイタリアでは初体験。
ツブ貝みたいなやつのトマト煮。
111119-14.jpg
皆ちょっと食べるのが面倒くさそうで進んでなかったので、
ツブ貝好きの私がかなり頂きました♪

ちなみにまだ前菜です。
お次はシャコに似たこれもエビの一種だと思いますが、
ボイルされたもの。
111119-15.jpg
最初こっちの角度から写真を撮ってたら、
隣に座っていたダニエラの義兄さん(穏やかで素敵な方)に

“こっち向きの方が美味しそうに見えるんちゃう”
111119-16.jpg
と言われたので、素直に従ってみる。
確かに。

前菜の〆(やっと!)は
111119-17.jpg
なんと、カブのピュレ。
甘いカブにちょっと塩の効いたイカのフライをトッピング。

どれも本当に美味しかったし、
“次何が来るんだろう”と
終始ワクワクしっぱなし。

この間にペコリーノ(白ワイン)がポンポンポンポン開いてました。

これを堪能するには、
やっぱりイタリアでは胃を大きくしておくべきだなと
つくづく思う。

ここからは、
前菜の全容を知る前に頼んだセコンドが出てきます。

これは相方さんとダニエラがシェアしてはったはず。
111119-18.jpg
ポテト多い。。。

これはお姉さん夫婦だったか、、
111119-19.jpg
ヒラメぽいね。

私は早々と決めてたカジキマグロ。
111119-20.jpg
他に比べて少なく見えるけど
かなりのボリュームでした。

もう満腹~><
大満足。

食べた気もするけど
ドルチェは記憶も記録もなく。

美味しいものに舌鼓を打ちながら
お兄様。お姉さま方とのちょっと大人な楽しいディナー。
どうもありがとうございました。

さらに、
グラウコとダニエラが一緒に住む家に移動して、
他のお友達も合流。

インテリア関係の仕事をしているというダニエラが手がける
ハイセンスなインテリア!!!
お互い共通する部分もある職業に就いているからか、
手を引いて部屋を案内してくれました。
ので、最後にちょっとだけ。

キッチン
111119-21.jpg
ショールームみたいですが、
食べること大好きなカップルなので、
ここでちゃんとお料理もしてるそうです。

自慢の洗面・バス
111119-22.jpg
壁の奥に脱衣&バスタブスペースがあるのですが、
タイル&ガラスを上手に使ってて本当に格好よかった。
生活感が無いほどここも掃除が行き届いてる。
2人とも綺麗好きだとは言ってたけど、
仕事もしてるのにすごいな。。。

印象的だったのは
使い方によっては安っぽさを感じさせるイケアの家具を
効果的に使ってたこと。

談笑タイムは夜中の2時くらいまで続きます。
もっとイタリア語勉強せなな~と反省しつつも、
いつもと違ったメンバーと、
とても素敵な時間を過ごすことができました。

楽しい夜を用意してくれたグラウコ&ダニエラ、
最後、お疲れのところ家まで送ってくださった相方さん
どうもどうもありがと~

2011年11月19日

アブルッツォ4日目(週末のランチ2011.11.19)

旅を完結させたいので、
しれっと再開。

講演も終わり、
ようやく晴れやかな気分でアブルッツォでの休日を
楽しむ余裕ができるよ~
ということで、

朝ごはんを済ませて、
マリオの畑へ。
RIMG0828.jpg
畑も冬支度。
霜対策にとビニールハウスをつくっていました。

RIMG0835.jpg
生まれたての卵を持って、
マリオは今から朝食の時間なので一旦家に戻ります。
(マリオはいつも朝イチは砂糖を4杯入れた(!)
エスプレッソを飲むだけ、
9時~10時頃に朝ごはんを食べます)

RIMG08311.jpg
途中、元気いっぱいに遊ぶディエゴと遭遇。
子どもは風の子!

RIMG083911.jpg
孫には過保護気味のマリオ。
ジャンパーの首元が開いてるのが気になります。

RIMG084411.jpg
マリオの朝食風景。
(この写真、なんか年とったな~)
パンにオリーブオイルを染み込ませて、
生ハムやポルケッタ、サルシッチャなど、
その日にある食材をサンド!
勿論、片手にはモンプル!!

朝食を済ませて畑に戻るマリオと入れ違いに、
アンナマリアがランチの支度を開始。
ちょっと寒くなってきたし。。。
ということで今日のランチはブロードに決定。

野菜や鶏がらを圧力鍋に放り込んで、
パスタの準備。
RIMG0847.jpg
鶏がらスープは卵のパスタとの相性抜群。

RIMG0850.jpg
手際よく、
どんどんパスタが出来上がっていきます。

RIMG085211.jpg
タリアテッレくらい(5~8mm)の幅に裁断され、

RIMG085611.jpg
さらに同じ幅くらいに刻んで、
小さな四角いパスタに。

RIMG0859.jpg
お昼は”絶対トマトパスタ!”のマリオのために、
半分はタリアテッレのままで。

ちょうど圧力鍋に放りこんでいたブロードも出来上がる頃。
RIMG0860.jpg
野菜や鶏がらをザルで濾すと、

RIMG0868.jpg
キラキラと黄金色に輝くブロードが!!

ここに、ほぐした鶏肉、取れたての卵、打ち立てのパスタを加えると、
RIMG0871.jpg
絶品ブロードが完成します!!!

いただきます!
RIMG0881.jpg
そしてマリオだけトマトソースのタリアテッレ。
いつもマリオと同じものを食べたがる私との2人分。
私は勿論ブロードも食べるので、、、ちょっと多いよね。。

土曜日で孫もそろうので、と、
セコンドにはちょっと手間のかかるカツレツを準備してくれました。
RIMG0873.jpg

さらに、家族みんながあまりに生ハムが好き過ぎて購入した、
生ハム裁断機で、
RIMG088211.jpg

ディエゴ好みに切られた生ハム。
RIMG088411.jpg
“分厚すぎるやろ!”と思わず突っ込んでしまった、
日本では考えられない贅沢。。。
これらにサラダの付け合せ。

あ~美味しかった。
例によってお腹一杯。
動けません。。。
ということで、エスプレッソ飲んで昼寝。
これで太らない人がいたら教えてほしい。

土曜の昼下がり。

Steng bbone! もっと、イタリア アブルッツォ州