アブ日記 Diario

カテゴリー

アーカイヴス

2011年11月18日

貴重な体験(アブルッツォ3日目/2011.11.18)

年末年始、丸々お正月前後の1ヶ月更新を怠ってしまいました。
寒いしね~^^;

先週、Giannaさんの相方さんの同僚さん(イタリア人)が会議で来阪。
初日本ということもあり、着いた日の食事をご一緒にすることに。
(結局、他の日も食事や観光のお供をしましたが)

その同僚さんが日本に来られる前に、
私についてネットから得た情報がこれ→

2011年11月18日にItaliaNostraペスカーラ支部で
東日本大震災の経過や対応についてのレポートを行ったのですが、その時のお知らせです。

本人(私)の知らないところでポスターが作られ、
ネットで告知されていたのですが(おいおい)、
あろうことか”世界的に有名な都市計画家”と紹介されてます。。。

え??誰が??と、本人が一番驚きですが、
世界的に有名でもなければ、
他に言い換える言葉がないので都市計画家(urbanista)ですが、
実際やってることは”小さなまちの何でも屋”です。

そんな訳で、その同僚さんも私に会うまでは、
とんでもない有名人&偉い人に会うからとドキドキされていたそうです。
まあ会ったら、ご存知の方はご存知の私が登場した訳です。
あしからず。

前置き長すぎですが。
ここから本題。
自分は写真を撮れなかったので字だけです。

—————————————————————————

例によって、イタリア行きのチケットを取った時点で何人かの友人に、
「イタリア行きます、アブルッツォ帰ります。」宣言をしたところ、
ビーニ氏から、
“東日本大震災の経過や対応についてちょっと話をしてくれない?”
との依頼が。
原発事故についても併せて話して欲しいとこのこと。

“気の知れた友人同士の集まりだし、
気楽に話してくれてらいいから”
という言葉を真に受けて、
ラクイラの震災後の経過にも注目していましたし、
「少しでもアブルッツォと日本のために、私に出来ることがあるのなら」
と二つ返事で引き受けました。

その後、
前述の「講演会」とタイトルの付いたお知らせが出来、
ネットにまで掲載され、
「全然”気楽な集まりでのざっくばらんなお話会”ちゃうやん!」
と相当ビビリましたが、
こんなチャンスも無いと、覚悟を決めて出発までに準備を進めました。

講演は、とにかく正確で新しいデータを集め、
データから浮き彫りになる現状を報告しようと決めたのですが、
各省庁、都道府県、市町村、機関が公開している膨大且つ日々更新されるデータは
取捨選択するだけでもかなり大変でした。
それらをまずは日本語で資料に。

並行して原発推進・反対様々な立場の専門家が書いた本を何冊か読み、
原発についての理解を深める。

さらに並行して、自分が何者か知ってもらうために、
今の自分の仕事をまとめてイタリア語で資料作り。

ここまでで1ヶ月くらいがあっという間に過ぎ、
出発まで2週間足らず。
ここから更に「作った資料をイタリア語にする」という最大の難関へ。
初めてのレポート。
話し言葉もままならないのに、
専門用語満載のレポート。
イタリア人の友人に協力をお願いし、
2人で手探り状態でレポートをまとめていきました。

それでも時間は足らず、結局アブルッツォ入りしてから講演までの2日間は
アンナマリア宅に缶詰でみんなと何とか準備を終わらせました(つまり強制終了)。

講演はペスカーラの図書館の一室(図書館閉館後)。
テーマが震災だったこともあってか、
用意された席はいっぱいに・・・
数えてませんが40~50人位の方が集まってくれてたかな。

まずビーニ氏が、簡単に私の日本での仕事や、
私とアブルッツォのご縁について話してくれた後、
いよいよ私の報告。

幸い人前で話すことに殆ど緊張しない性分で、
簡単な自己紹介をした後は、
パワーポイントを使いながら、
とにかく書いてきたことをそのまま一生懸命読むという感じ^^;
しかも直前に出来上がった原稿なので、
特に専門用語や数字は参加者に読み方を助けてもらったりしながら、
なんとか1時間話し尽くしました。

その後は、ディスカッション。
個人的にはこういうディスカッションは結構好きで、
いいことも悪いこともどんな意見が聞けるのか興味津々。
長くなるのでここでは内容は省略しますが、
いろいろな質問が飛び出しエキサイティングな時間でした。
(知らない言葉も多く、手元の電子辞書で調べながら話すのは面白がられながら。)

とりあえず会としては無事終了。

が、
でもでもでも、、、
イタリア語もっともっと勉強しなあかんな~と痛感。
レポートにしてもディスカッションしても、
もっとちゃんと自分の言葉で伝えたい、
でも伝えられなかった不完全燃焼の気持ちがしばらく残り、
デビューとしてはほろ苦いものでした。

でも、こういう機会を作ってもらえたことは
間違いなく自分にとってはいい経験になったし、
次のステップにつながることもあるはず、、、?!

少なくとも、結構いろいろ調べて行っていたので、
講演以外の場でイタリアの友人たちと震災や原発について
じっくり話しができたのは、自分にとっては今までとは違ったよい経験でした。

(かなり)大変ではありましたが、
ビーニ氏ありがとう。

2011年11月17日

アブルッツォ2日目(cena)

夜はビーニ氏と食事。
翌日企画されているItalia Nostraでの講演会を
セッティングしたのが、まさに彼。

この日は、ItaliaNostraペスカーラ支部長代理のアドリアーナと
顔合わせを兼ねた食事会をすることに。

前日に「何が食べたい?」と聞かれたので、
魚をリクエスト。

実は、友達の家やお店以外にアブルッツォで魚料理を狙って食べに行くのは初めて。
魚介も美味しいとは聞いていましたが、
外食となるといつも羊をはじめ肉を求めて山ばかりに行ってました。

さすが海沿いの町だけあって、
ペスカーラの中心地からやや南に行くと、
魚料理専門のレストランがチラホラ出てきます。

最初に狙っていた店は満席で入れず、
2件目のお店で落ち着く。(って店の名前忘れた・・・確認しよ)

お店の人のお勧めにしたがって、
まずは前菜を適当に持ってきてもらうことに。

って、
この前菜がプーリャを思わせるボリューム!
IMG_5034.jpg
doriが去年のアブルッツォ旅で撮った写真をパネルにしてくれたので、
それをビーニ氏にプレゼント。
とても喜んでいました。

写真をゆっくり見てる間もなく
どんどん料理がテーブルを埋め始め、
思わずパネルを立てかけて鑑賞^_^;

antipasti.jpg
冷たい前菜に続いて
温かい前菜も次々に運ばれてきます。

上の写真から、
イワシマリネのブルスケッタ、
カニやアサリ、ツナボールなどのフライ、
バカラのマリネ、
タコのマリネ、
イカのマリネ、
ムール貝のワイン蒸し、
シャコの様なエビのトマト煮、
魚介とジャガイモの煮込み・・・

どれもシンプルで美味しい。
というか、アブルッツォでプーリャみたいな前菜を食べれる事実を知って嬉しい!

残しては申し訳ない・・・
と三人で四苦八苦しながらほぼ完食。

続いてプリモへ。
IMG_5042.jpg
le sagneというアブルッツォではよく食べられるショートパスタ
(アンナマリアもよく作ってくれます)
魚介とヒヨコ豆のスープ仕立てで頂きます。

 IMG_5041.jpg
ビーニ氏と2人で頼んだので
シルバーの大きな高杯で運ばれてきました。
魚介スープの旨味が
ヒヨコ豆やパスタにしっかり滲みこんでいて
本当に美味しかった~!

アドリアーナが頼んだのは、
これまたアブルッツォと言えば!のキタッラ
1117-foto.jpg
こちらも魚介をふんだんに使った一皿。

どちらのパスタも弾力があって、
しっかり味のついた魚介のダシとの相性抜群。

にしても、
大量の前菜を食べたあとに、このボリューム。

美味しかったけど、皆完食はできず・・・
リモンチェッロで少し消化を促します。

食事中の話題は日本での震災から始まり、
私の日本での仕事の話、
そして30年来の友人である彼らにまつわるエピソード・・・

ビーニ氏ともかれこれ8年の付き合いになりますが、
彼という人について他の人からゆっくり話を聞く機会はあまりなかったので、
新鮮な気持ちで彼らのやり取りを楽しみました。
友達の魅力を新たに発見するのは嬉しいものです。

「お友達ばかりの集まりだから、
気楽な気持ちでやればいいから」
と、明日の講演が憂鬱な私を励ます二人。

講演の内容以前に、
私のイタリア語がどこまで伝わるのかが不安なのです・・・
と心の中でつぶやきつつ・・・

ここまできたらあとは全力を尽くしてやるしかないです。

2011年11月17日

アブルッツォ2日目(ランチ)

1年ちょっと振りのアブルッツォ。
朝もゆっくり休んで、さあ出かけよう!

と、言いたいところですが、
実は翌日に友人に頼まれた講演(!)を控えていたので、
その準備に費やすことに・・・

朝晩すっかり寒くなって、
既に暖炉がフル稼働。
朝露で湿って火がつきにくくてちょっと厄介。
RIMG0800.jpg
幼稚園がストで休みだったので、
両親が仕事の間おばあちゃんと留守番になったディエゴが見守ります。

お昼前になると、私がPCを触ってる横で、
アンナマリアが食事の準備を始めました。
RIMG0802.jpg
マリオの畑で取れたcime di rapa!
菜の花に似たちょっとほろ苦い青菜。
これは唐辛子とニンニクでソテーするのが1番美味しい!

そして、もう残り僅かとなったズッキーニでフリッタータ(オムレツ)を準備。
(「食べたいか?」と聞かれたので、二つ返事で「食べたい!」と答えたのは私です)
せっかくなので作り方を習うことに。
RIMG0803.jpg
まずは刻んだズッキーニをオリーブオイルで炒めます。

RIMG0805.jpg
軽く火が通ったところで、お皿に戻し、
(ズッキーニの食感が残るくらいが私は美味しいと思います)
ここで卵投入。この卵もマリオ農場で取れた出来立てほやほや。

RIMG0806.jpg
しっかりかき混ぜて・・・・

RIMG0807.jpg
お塩少々。

RIMG0808.jpg
そして、再びよく熱したフライパンにオリーブオイルを敷いて
(オイルは敷くといってもかなりヒタヒタに入れてます)
豪快に流し込みます。結構強火よ。

RIMG0809.jpg
全体に火が通るように、かき混ぜながら焼いていきます。

RIMG0813.jpg
だいぶ火が通ってきたら、、、

RIMG0815.jpg
フライパンの蓋を使ってえい!と一気にひっくり返します。

RIMG0821.jpg
両側に美味しそうな焦げ目が着いたら、
お皿に盛って出来上がり!
冷めても美味しい、ズッキーニのフリッタータの完成です!
ああ、、、食べたい>_<

他に、この日用意してくれたのは、、、
RIMG0822.jpg
もちろん、トマトスパゲティ!!
この日はちょっと湯がき過ぎのマリオ仕様になってますが。。。
ちなみに、上に載っている豚肉は、セコンドとして、
フリッタータやcime di rapaと一緒にいただきます。

Buon appetito!!

とはじめたところで・・・
IMG_5031.jpg
昨日私達が食べたブロードが
自分の前に用意されたディエゴは凄く不満気。

どうやら私と同じものが食べたかったらしく、
スパゲィティを用意してもらったら、、、
RIMG0824.jpg
この通り、
ご機嫌で”Buono~!!!”ポーズとってくれました。

あ~満足満足。
美味しかったよ。

Steng bbone! もっと、イタリア アブルッツォ州